自然葬を望む人が増えている

歳を重ねると気になってくることのひとつに、お墓と挙げる人も多くいるのではないでしょうか。

自分が亡くなった後のことをいろいろと考えて、しっかり対策をしておく人が最近増えてきています。

お棺に入ってみる体験なんていうのもあるくらいです。

様々な葬送のひとつで、自然葬というものがあります。



自然葬とは、墓ではなく海や山などに遺体や遺灰を還すことによって、自然の大きな循環に回帰するという葬送の方法です。


日本では、墓石を用いる葬送が主流で行われてきましたが、遺骨を自然に還すということに魅力を感じる人が増加し、自然葬を望む人が増えているのです。


かつては、遺骨を粉砕散骨することを指すことが多かったが、骨壺を用いずに直接土の中へ遺骨を埋葬するといった方式でも自然に帰ることには間違いないということで、このようなものも含めて自然葬と呼ばれるようになってきています。
自分からこのような自然に帰るという葬送を望む人の増加に加え、核家族や少子化といった時代背景も葬送の仕方の選択に関係していると考えられます。

これまでの家系を重んじてきた墓の管理を、自分が亡くなった後に任せられる人がいなくなるという現実が多くの人にあるからです。

自然葬に関するご質問を解決いたします。

墓の管理体制が維持できないために、選べる葬送のひとつとして自然葬や永代供養を考える人が多くなっていることは、現代の社会的な風潮ともいえるでしょう。


そろそろ自分の墓のことが気になってきた人は、一度いろいろな葬送を調べてみるといいでしょう。